Category: 勤務体系

勤務体系の選択

お休みも自由自在?占い師のメリット

私は現在副業として占い師をしています。普段のお仕事はお給料があまりよくないのですが、お休みが多めにあるので、空いた時間を利用して占い師で稼いでいます。
在宅の占い師のメリットはなんといっても自分の都合に合わせて働けるということでしょう。普段の仕事が忙しくなったときや、急遽体調不良になってもきちんとお休みを取ることができます。他にも時間を変えてもらうなど自分の都合に合わせた変更がきくので、手軽な副業として重宝しています。
ただし、あまり休み過ぎると人気自体が落ちてしまい、相談者が少なくなる場合もあるので注意も必要です。ほどよくお休みを取りつつも、固定客をしっかりと掴めるのが理想です。以前仕事が忙しく、占い師の仕事に対するやる気がなくなり、長期のお休みを取ったことがありますが、復帰した時には以前のような稼ぎに戻るまでかなりの時間がかかってしまいとても後悔しました。体調が悪かったりする中無理にやる必要はありませんが、休み過ぎも良くないんだなと思いました。

副業による在宅占い師の勤務体系

私は一時期在宅の占い師として活動していたことがあります。学生の時からの趣味である占いを実益にできたらと思い、インターネットで探してみると、在宅でできる占い師の募集があったので、それに応募してみました。審査で占いの技術を見てもらい、その後少しスタッフの方とやり取りをしました。そこで勤務について聞かれましたが、私は昼間に仕事をしていたため、よると週末のみの対応になることを伝えました。占い会社はそれを考慮して下さり、平日は夜8時から0時まで、週末は10時から16時までの活動をすることになりました。昼間の仕事ではたまに残業があったのですが、あらかじめわかっていれば連絡を行い、時間をずらしてもらいました。また、急な残業や急用の場合はすぐに電話をすることでいや声も出さずに勤務の変更をしてくださいました。こういった勤務体系は会社によりそれぞれだと思いますが、在宅での勤務は比較的融通が付けやすいかと思います。

自分の都合に合わせて働く

私はもともと対面鑑定で活躍していたのですが、その店舗はシフト制で勤務時間や日数が完全固定だったため、毎週水曜日の12時~20時でしか活動できませんでした。掛け持ちもOKの店舗だったので、ほかの人は自分が出演しない曜日は別の店舗で活躍していました。私もほかの曜日は別のところで働こうと思いいろいろ探していると、とても気になるところがあったのでそこに応募してみました。
そこは自分で好きに勤務体系を選べるというところで、24時間運営しているので本当に自分の働きたい時間で好きなように仕事ができるところでした。私は自分が店舗で仕事をしている水曜日以外の毎日10時から16時に待機を入れるようにしました。さらにそこは都合に合わせて調整も効かせられるので、少し疲れていて休みたいという時にはお休みを入れたり時間を短くしたりすることもできますし、もう少し稼ぎたいという時には時間を伸ばしてもらうこともできます。
こういった自分の都合に合わせた活動ができる占い師の募集は増えているようなので、これからはこういったところでの活躍も視野に入れていいのかもしれません。