注目職業「占い師」の募集

現在注目を集めている仕事のひとつに占い師という仕事があります。人の悩みや相談を聞き、それに対する原因や解決策を占いによって探り、アドバイス等とともに伝えるという仕事です。
占い師募集占いの技術はもちろん、相手の気持ちを理解する力や的確に相手に伝える力も求められる仕事なので、一見難しいように見えます。しかし実は占い師というのは占いの技術が有り、社会常識や一般的なマナーがあれば誰にでもチャンスのある仕事です。

現在、占い師は様々なところで募集されています。おなじみの占いの館だったり、いま話題の電話占いだったり。占いを利用する人が増えている今、占い師の需要も高まっているのです。

占い師募集に応募する

占い師の面接を受けました

占い師という仕事に以前から興味を持っており、いつか自分もなりたいと思い占いに関する勉強をしていました。最初は当たらなかった占いも、勉強を続けるうちにだんだんと技術が上がっていくのが分かりました。特に私はカードを使った占いと相性がいいようで、理解も深まり、主に使う占いの方法となりました。
そこで、占い師として自分も活躍したいと思い、占い師を募集している会社に応募してみました。すると面接を行うことになりました。志望動機や得意な占いについて質問され、その後実際にスタッフを相手に占いを披露しました。すると、そのカードを使った占いを生かして占い師になるように勧められました。その後は実際のお客様を相手にした占い方法などを教えていただけて、有効に占いの技術を活用できるようになったので良い経験となったのです。

副業占い師の面接

副業として占い師を始めました。始めるきっかけはインターネットによる募集情報を見て、趣味で学生の頃からやっていた占いを実益に生かせたらと思ったからです。占い師募集まず、電話にて連絡を取ると、数日後に面接を行いたいと言われました。面接は電話越しに、スタッフの人を相手に行いました。まず趣味で行っていたタロットカード占いの技術を見てもらいました。ある程度の技術と知識は持っていたので、この辺はスムーズに進み、その後面談となりました。面談ではなぜ占いに興味を持ったのか、今までどれくらい占ってきたのか、会話は得意かといった内容を聞かれました。後々考えてみると、この面談で私の会話能力を測っていたのではないかと思います。
在宅でできる占いとなると、相手の顔を見たり、自分のカードを見せられないので、会話能力が非常に重要となります。

厳しい審査を乗り越えて占い師になる

私は日本一審査が厳しいと言われている占い師の紹介会社が占い師を募集していたので応募し、審査を受けたことがあります。残念ながらその時は不合格となってしまったのですが、今思えばそこで落ちたことでさらに勉強する機会を与えてもらえたような気がします。現在は別の会社で占い師をしていますが、占いは奥が深く難しいと感じる毎日です。
占いは相性もありますが、人を幸福に導けることもあれば、どん底に連れて行くことも可能なものです。お客様は幸せを求めて占いに頼っているので、会社も占い師も質の向上のために労力を惜しまずに鑑定練習をします。たくさん練習し、占いに対する理解を深めることで、よりお客様が望む占いができるようになっていきます。私も初めはとても未熟でしたが、そうして練習を積み重ねた結果、ニーズに合わせた占いができるようになりました。
人の運命を握る占いだからこそ、おろそかになってはいけないという会社のポリシーと、アフターサービスでわからない部分をお客様に伝えるのが役目だと考えています。

みんなのオンライン占い

みんなのオンライン占いはチャット形式で占い師とユーザーが一対一で会話できる占いアプリです。占い師募集現在みんなのオンライン占いでもこのアプリで活躍する占い師を募集しています。
対面などでの占い師の経験がある方はもちろん、言葉よりも文章の方が相手に伝えやすいという方や、活動場所をさらに広げたいという方にもおすすめの働き方です。
まずは一度みんなのオンライン占いの募集ページをチェックしてみてください。お仕事内容や待遇、募集要項等が記載されています。

[Top]